岡山・倉敷・総社・浅口・笠岡・井原など迅速対応

黒い棒状の仕切り

ハチの巣の駆除はお任せください

コガタスズメバチ駆除状況毎年、多くの方がハチに刺され、中には運悪く命を落とされる方もおられます。
スズメバチやアシナガバチは農作物や庭木につく害虫を退治してくれる益虫でもあるのですが、私達の生活圏に巣がある場合、わずかな刺激でも突然攻撃的になり思わぬ被害に遭う可能性があります。
特に、新しい女王バチが成長し巣立ちの準備をする夏の後半から秋にかけては、巣の警戒心が高まったいる上に働き蜂の数もピークに達しており、最も危険で注意しなければならない時期になります。
ハチに刺されるのは2回目以降が危ないとよく言われますが、襲ってきたハチの種類や数、刺される箇所によっては初めて刺された人でも重症になったり命を奪われることもあります。
慣れない人がオオスズメバチやキイロスズメバチなど攻撃性の強い蜂の巣の駆除を行うのは大変に危険です。
蜂の巣を見つけたらお早めに当店に御相談ください。


よく見かけるハチ

刺される可能性のある蜂

アシナガバチ

アシナガバチの巣大きさは種類によって様々ですが10~25mmくらいで体型はスズメバチに比べると細身です。
巣はお碗を伏せたような形で軒先・木の枝・草むら・クーラーの室外機等、様々な場所に営巣します。 毒はスズメバチより弱いですがアナフィラキシーショックによる死亡例はあります。
素人の方でもアシナがバチの巣を駆除することは可能ですが、その際は防虫ネット・雨合羽・ゴム手袋などを着用し十分な安全対策をとった上で作業してください。

コガタスズメバチ

コガタスズメバチの巣 体長は22~28mm、巣の形はボール状です。
わりと低いところに巣を作ることが多く、住宅地では庭木の枝に営巣しているのをよく見かけます。
比較的おとなしい性質ですが、巣のついている枝を揺らすなどして刺激すると一斉に巣から飛び出して襲ってきます。
あまり威嚇行動を取らず突然攻撃してくることが多いため、庭木の手入れをしている際に被害に遭ったという事例をよく耳にします。
また、見た目はオオスズメバチととてもよく似ているので間違われやすいです。

キイロスズメバチ

キイロスズメバチの巣体長17~25mmと体格は小さい種ですが攻撃性が強くひとつの巣の中にいる頭数も多いため危険性の高い蜂です。
軒先や屋根裏などの少し高目の場所に巣を作ることが多いですが、地面から数十センチのところに営巣することもあります。形はコガタスズメバチなどと同様にボール状で、最大では直径1mくらいになることもあります。

ミツバチ

ミツバチの巣日本にいるミツバチはニホンミツバチとセイヨウミツバチで、主に養蜂に用いられるのはセイヨウミツバチの方です。
家の軒先や植木等に、ある日突然ミツバチの大群が現れたのを御覧になったことがあるかもしれませんが、これは分封蜂球といって新しい女王ハチが生まれた巣の旧女王が働き蜂を引き連れて新しい住み処を探している途中の行動です。
刺激しなければ人に害を与えることはまずないのでそのまま放置しておいても大丈夫です。ただ、どうしても急いで撤去しなければならない場合は御相談いただければ対応致します。

オオスズメバチ

オオスズメバチ画像体長は27~40mm、世界最大のハチです。とても攻撃性が強い上に土の中などの見つけにくい場所に巣を作るため、巣の存在に気付かないまま接近してしまい襲われることがあります。 人を襲うのは基本的には巣を守るための行動ですので、巣に近づきすぎなければ刺されることはあまりありません。ただ、近寄ってきたハチを追い払うために手で振り払ったりすると攻撃されたと感じ反撃してくることもあります。 また、樹液が出る場所などを集団で占拠している時も巣を守るのと同様の防衛行動で人を襲うことがあります。


危険性の低いハチ

クマバチ

クマバチ画像体長は20~25mm程度。黒くてごつい見た目のため誤解されている方が多いのですが、温厚な性質で人を刺すことはほとんどありません。また大きな体とそれに見合わない小さな翅のせいで、以前は「飛べるはずがない形なのになぜか飛べる蜂」とされ、「やつらは飛べると信じているから飛べるのだ」という説が大真面目に論じられていたそうです。今ではクマバチの飛行の謎は解明されていますが、このことから「クマバチは不可能を可能にする象徴」とされ、会社や団体のシンボルマークによく使われています。

寄生蜂や狩人蜂の仲間

ジガバチ画像種類によって寄生する対象は違いますが、クモやイモムシなどの動物や植物に卵を産み付けます。(狩人蜂は自分で作った巣に麻痺させた虫を持ち帰り卵を産み付けます)
卵からかえった幼虫はその獲物や植物を食べて成長します。
これらの単独で行動する種類のハチの多くは手で掴んだりしない限り滅多に人を刺すことはありません。

お問い合わせ
fc0120464227
問い合わせフォームの御案内

蜂に刺されないために

黒い服は着ない

ハチは黒や濃い色のものを攻撃する習性があります。野外で活動する際はなるべく白などの薄い色の服を着用し頭も淡色系の帽子を被り保護してください。また、長袖を着るなどして肌の露出はできるだけ減らすようにしてくださ。


手で振り払わない

動くもの、特に蜂から見て横方向に激しく動く物に対しては強く反応します。ハチと遭遇した時に手で振り払ったりするとその動きが攻撃とみなされ反撃される可能性があります。


走って逃げない

スズメバチが近寄ってきて周囲を飛びまわり始めたら、できるだけ低い姿勢を取りゆっくり静かに後退しその場を離れるようにしてください。
(※ただし、実際に刺されてしまったりたくさんのハチに襲われそうな状況では、走って逃げた方が被害が少なくなる場合もあります。)


匂いの強い香水などは使用しない

ハチは匂いにも敏感です。アウトドアで活動する際は、匂いの強い化粧や香水などはなるべく使用しないでください。


巣やハチがいないかを常に注意する

剪定や草刈りなどの屋外作業をする時は、巣の有無を作業前に点検するとともに作業中もハチが飛んでいないかどうかを常に意識するよう心がけてください。


ハチに刺されてしまったら

まずはその場を離れる

ハチの毒には「警報フェロモン」と呼ばれる仲間を呼び寄せる成分が含まれています。刺された場所にとどまっていると、さらに多くのハチが集まり攻撃される危険があります。刺されたら速やかにその場を離れてください。


水道水で傷口を洗う

なるべく早目に刺された箇所をきれいな水(できれば流水)で洗ってください。その際、毒を絞り出すようにして洗ってください。なお、傷口を口で吸うのは歯茎などから毒が吸収される可能性があるので行わないでください。


刺されたところを冷やす

氷や冷えた飲み物の容器などを刺された箇所にに当てて冷やしてください。毛細血管が収縮し毒の吸収を遅らせる効果があります。


全身症状が出たら病院へ

頭痛・吐き気・倦怠感・体中のかゆみ等の全身症状が出た場合はすぐに病院を受診してください。
また、刺された箇所のかゆみがひどい場合は皮膚科等で診てもらってください。


蜂の駆除料金

                  
ハチの種類 基本料金(税別)
アシナガバチ 4,000円~
コガタスズメバチ 15,000円~
キイロスズメバチ 20,000円~
ミツバチ 20,000円~
オオスズメバチ 35,000円~

※現地の状況を確認した上でお見積りさせていただきます


サービス提供エリア

岡山県全域及び広島県東部
交通費無料エリア  岡山市・倉敷市・総社市・矢掛町・浅口市・高梁市・井原市・笠岡市・里庄町・吉備中央町・福山市及びその周辺地域